光工房株式会社

トップページトップページギャラリーギャラリーインフォメーションインフォメーションコンタクトコンタクト

木の扉の修復



地元神社の本殿横の開き戸の修理です。ドアノブ取付の部分が、大きく破損しています。お客様と相談しその部分を一部補修をするより、縦框(縦の桟)を一本交換した方が見た目にも今後の為にも良いだろうという判断になりました。




先ずは、縦框を取り外す作業です。接着剤にてしっかりと組んである為、外そうと叩いた位では全く外す事が出来ませんのでのこぎりやのみを用いて綺麗に取り除きます。




取り外しましたら、現状の同等材の木曽檜を削り墨付けをし加工していきます。




加工が出来ましたら組み付けです。思っていたよりも隙間なく組み付けが出来ました。




違和感の無い様に元々の色に近い色に着色し、調整の上、取付完成です。